2014年07月

1:2014/07/31(木) 09:25:14.50 ID:

「中国の属国に戻るぞ」と米国に脅された朴槿恵

--「二股外交」の勧進元が親米派に戻ったのなら、朴槿恵政権も外交を軌道修正するということでしょうか。

鈴置:評論家が豹変するのはよくあることだし、簡単です。しかし、国家が外交政策を180度転換するのは
 極めて難しい。まず、中国が許さないでしょう。
  中国は朴槿恵政権の離米従中政策にきちんと応えています。習近平主席は、主席として史上初めて
 北朝鮮よりも先に韓国を訪問しました。安重根の記念館も朴槿恵大統領の注文に応じて造ってやりました。
  北朝鮮や日本との関係が悪化するリスクを中国は犯しているのです。得られるものを得た韓国に
 「やっぱり米国側に戻ります」と言われて「ああ、そうですか」と笑って見過ごすわけにはいかない。
  輸入規制や通貨スワップなどによる経済的嫌がらせから、軍事的な威嚇に至るまで、中国には韓国を
 苛める手段が山ほどあります。半面、韓国には対抗する術がまったくない。ここまで来て米国側に戻る
 というのは極めて難しいのです。(中略)

--日本政府はこの地殻変動に気がついているのでしょうか。

鈴置:さすがに気がついたようです。政界関係者によると、安倍首相の周辺も「韓国が中国側へ行った
 のことを考えねばならない」と言い出しているそうです。
  集団的自衛権に対する中韓の共同批判の前の話ですから、その後ますます韓国に対する疑いを強めて
 いるのは間違いありません。
  安倍首相が7月15日、国会答弁で「有事の際、在日米軍が韓国に出動するには日本の了解が要る」と語り
 ました。「韓国がこちら側の国とはもう思っていないよ」とのメッセージです。
  韓国は米国との同盟を失えば、中国から属国として扱われるのは確実です。同時に、日本と米国からは
 仮想敵国と見なされるでしょう。
  米韓同盟が存在する今の段階で既に、中国に従い日米同盟の弱体化を画策しているのですから。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20140729/269372/

2:2014/07/31(木) 09:26:55.87 ID:
在テョンの思考の変遷

安倍は極右でウリナラの敵ニダ

就任直後から大声で極右極右と国内外で騒ぎまくってやったニダ!

韓国だけでなく日本のマスコミの同胞も安倍を極右と連呼して報道してるニダ。しめしめニダ。

ちょっとまつニダよ?日本人はみんなネトウヨニダ

日本にはネトウヨしかいないんだから、安倍を右翼右翼言ってたんじゃ支持率上がってしまうニダ

ピコーンひらめいたニダ!安倍を親韓の売国左翼と2chで宣伝しまくればネトウヨからの支持率下がるニダ!

日本はネトウヨしかいないから支持率0にできるニダ!

よ~し、アベは売国左翼ネタを連呼しまくるニダ!

こうして一日中あれだけ続けていた安倍を極右呼ばわりするニュースが下トンでも日本でも完全に100%途絶えた 

安倍のこの演説を見て火病をおこし、これまでの小細工が一瞬で吹き飛んでまた極右連呼をし出す ←今ここ

64:2014/07/31(木) 10:42:26.17 ID:
>>2
ワロタ
テョンくんもブサヨも我慢ができないからなw

72:2014/07/31(木) 10:50:02.81 ID:
>>2
連呼リって連呼しかできないもんなあ

続きを読む

1:2014/07/29(火) 22:49:10.80 ID:


朴の夏休みwwwwwwwwwwwwwwwwwww

14:2014/07/29(火) 22:54:16.44 ID:
朴の夏休みとかうまいこといってんじゃねえ

19:2014/07/29(火) 23:03:39.86 ID:
縄文時代にカメラがあるとか韓国進んでるなぁ

22:2014/07/29(火) 23:07:26.23 ID:
テョン*落をグーグルアースで見ればわかると思うが、
奴らには直角とか直線とか東西南北の概念が無いのだ
とても気持ち悪い

続きを読む

1:2014/07/29(火) 12:17:10.17 ID:

在特会とは無関係の一般人(頑張れ日本)を恫喝するしばき隊

http://www.nicozon.net/watch/sm24112641


【関連スレ】
【サヨク画報】 上野駅で朝日新聞徹底不買運動!!
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1406433271/
【サヨク速報】しばき隊、次のターゲットは田母神俊雄会長の「頑張れ日本」。 「最も危険な存在になる気がする」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1406467631/

58:2014/07/29(火) 14:37:30.67 ID:

【関連サイト】
「中継不調のお詫びがてら終了後のデモ参加者さん(?)のお笑い写真」  ネトウヨさんたちとのあれやこれや

(前略)ヘタレネトウヨデモへのカウンター参加者の装いとして、上の「TOKYO AGAINST RACISM」の
ロゴ入りTシャツは今やお馴染み。
 そこで今回面白かったのは、デモ終了後に「集団下校」するデモ参加者をJR川崎駅前に
群がって待ち受けて抗議を浴びせるカウンター側に混じって撮っていたら、ふと、こういう
Tシャツを着た中年男性2人が人混みの中、駅のほうから私の目の前を無言のまま押し殺した
ような表情で通り過ぎていきまして(^_^;


 これって「TOKYO AGAINST RACISM」へのパロディのつもりなのか、それとも「駅前を占拠
したカウンターの目を何とか誤魔化しながらさりげなく通り過ぎて帰ろうとした近隣在住の
デモ参加者のセコい企み」だったのか(何かその両方だったんじゃないかという気もしたけど)。
 ともあれ、気づいた私が「デモ参加者の方ですか?」と声をかけて話を聞こうとしたら、
予想通り二人とも険しい表情のまま無言で駅の外へと足早に去っていこう……としたんだけど、
おかげでカウンター側の人たちも気づいて罵声を浴びせに追ってくるわ、慌てた警官もくっつ
いてくるわで、駅前広場から車道を渡ったお店の前まで「まずい」と思った二人が迷走する
のを大勢のカウンターや警官が追いかける事態に。





 ご想像の通りこの二人はずっとカウンター側からの罵声を浴びながら逃げ続け、私も
「何か悪いことしたかな……」と却って気が引けながら上の写真の場所まで追っていたら、
後ろから秋山理央さんが「そこは私有地ですよ」と私の背中を引っ張ってくれたんで、
そこまでにした。感謝。(以下略)
http://air.ap.teacup.com/taroimo/1493.html

60:2014/07/29(火) 14:41:34.21 ID:

>>1の動画の元ネタ】
2014.7.26川崎ヘイトデモへのカウンター

2:2014/07/29(火) 12:19:02.75 ID:
左翼のヘイトは綺麗なヘイトwww

続きを読む

1:2014/07/17(木)14:18:36 ID:
韓国のミスコンテスト「2014 ミスコリア選抜大会」が15日、ソウルで開催され、22歳の大学生、キム・ソヨンさんが優勝した。

ネットユーザーたちの間では、「決勝に進出した50人の顔立ちがみんな同じだ」と、失望の声も広がっている。
美容整形の技術が発達していることで知られる韓国。ありのままの美女を探すのは難しいということか・・・。

中国ニュースサイト・駆動之家が16日伝えた。
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/389315/




2:2014/07/17(木)14:20:33 ID:
毎年恥さらし続けるだけのようなミスコリア

3:2014/07/17(木)14:21:12 ID:
凄え!多重影分身を会得してる!!

4:2014/07/17(木)14:26:47 ID:
想像以上に同じだった、、!!

続きを読む

1:2014/07/23(水) 00:19:45.46 ID:

中国コラ職人が作ったという『金正恩動画』がヒドイと北朝鮮が削除要請 → 中国は拒否 / ネットの声「あまりにも無慈悲」

ネット上のコラ職人は、「これはイジれる!」と思ったら、速攻で何でも面白動画や画像に変えてしまう。
いつも人々を楽しませてくれる彼らだが、ある職人が作った動画が、国際問題に発展するのではないかと静かに注目されている。

中国出身のあるコラ職人が、北朝鮮の金正恩氏をテーマにした動画を作成したそうだ。
これが中国の動画サイトで大人気! しかし、北朝鮮側から見ると相当不愉快な内容だったらしく削除要請したところ、中国側が拒否したと報じられているのだ。

http://twinavi.jp/topics/tidbits/53ce5c56-6f0c-4c40-871c-675f5546ec81?ref=tweet


3:2014/07/23(水) 00:23:54.79 ID:
19号コラのほうがマシなレベル

4:2014/07/23(水) 00:24:25.48 ID:
安倍みたいなのがオバマにハイキック食らっててワロタ

81:2014/07/23(水) 03:40:00.01 ID:
そんな抗議するほどじゃねえな 面白いじゃん古臭いセンスだけど
全然クネクネは出てこないのね

>>4
安倍じゃねえだろ。って思ったら安倍出てきてオバマにハイキック食らっておったw
オバマ大活躍だなw

続きを読む

このページのトップヘ